営業時間・定休日
営業時間

9:00~19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

076-274-4444

 
FAX

076-274-4114

 
住所

〒924-0865

白山市倉光10丁目141番地

スタッフブログ

   
2016/08/06  ショールームダイアリー 
3,888,000円
 
僕がひねくれていようが、そうじゃなかろうがどうでも良い!結局高いの?安いの?どう思ってんの?意見を聞かせろ!とのお言葉を頂戴しました。率直に言うなら「高かろうが安かろうが一台買って下さい!」これが僕の意見です(笑)

ただ、これではあまりに手抜きなので、一考してみましょう。タイトルは言うまでも無く「ABARTH 124 Spider」の価格。同オートマチック車は3,996,000円。

さて、みなさんご存知の通りABARTH 124 Spiderはロードスターと兄弟関係にあり、生産も日本国内となっております。よって、ヨソから「海を渡って来ない」以上、もうシッピングがとか、関税がとか言い訳(?)が出来ません。参考までに他の国では幾らなの?って言うと、お膝元イタリアではベースが€40,000(ただしこちらはレザー・レコモン標準)。それに対してオートマチックは€42,000となっております。日本国内では108,000円の価格差であることを考えると「盛られてる」と言わざるを得ません。更にはレザー、ナビ、LEDヘッドライトのセットオプションが日本では216,000円であるのに対して、本国でこれら全てを網羅するにはLEDヘッドライト・レインセンサーが主と成る「Pack Visibility Plus」を選択しなければいけないのですが、これを選択する為には7インチタッチスクリーン・ナビゲーション用のSD slot・USB・Bose 9スピーカーオーディオ(こちらは日本未設定)からなる「Pack Sound Plus」の選択が必須となります。これらの合計金額は€3,400にも登る上、さらには€610を支払いナビ用のSDカードを購入しなければいけません。
つまり日本、イタリアおのおので、ほぼフルオプションのABARTH 124 Spider(AT)を購入すると以下のようになります。

日本…¥4,212,000(Bose、レコモン含まず)
イタリア…€4,6010(8月5日のレートで約¥5,180,000)

あらまー、本国よりリーズナブルに車が手に入るなんて、まー、ステキ(笑)

これは輸送コストや輸入にまつわる諸手続きが不要になる事をほぼストレートに販売価格に反映させた結果と言えるのではないでしょうか?しかし「だからと言って日本だけ安く売る必要は無い」との意見があった事も当然予想されます。そう思うと、この販売価格で稟議を通したFCAの日本法人には拍手ー!!!日本で産まれる124だからこその日本特別販売価格とも言えるのではないでしょうか。ならば、この幸運を享受しないテは無いな!一台持ってこーい!!!と、即座に叫びたい所ですが、やはり乗ってみないと。初代ロードスターを2台乗り継いだ身としても、非常に興味深い1台です。
あ、よく見るとこの車も500 Series4同様、テールランプ内にボディーカラー同色のパネルが仕込まれているのですね。と、言う事は500Xも近い将来に…?
 
2016年08月(21件)
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
スタッフ
水野
加納 芳典
ページ上部に戻る