営業時間・定休日
営業時間

9:00~19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

076-274-4444

 
FAX

076-274-4114

 
住所

〒924-0865

白山市倉光10丁目141番地

リクルート

スタッフブログ

   
2018/07/22  サービス 
運転中の体の危険
 
みなさんこんにちは。
暑さに弱いメカニックの角谷です。
今回は運転中の体の危険についてお話していこうと思います。
実は今の時期の運転はエコノミー症候群や脱水症状の危険があります。
「運転中はエアコンが付いているから脱水症状にはなるわけないじゃん」
って思っているそこのあなた!危険ですよ!!!!!!!
実は運転中はエアコンの使用や車内温度上昇によって体内の水分が失われ体の血液がドロドロになって血栓が出来やすい状態になることと、長時間の一定姿勢とが相まって、脚の裏側に静脈血栓が出来ることから、その状態での歩行によって血栓が肺の血管につまり呼吸困難などを引き起こすもの。これと同じような状況は、乾燥した室内での同一姿勢を維持しておこなう長時間作業においても起こることが知られています。

なんでエアコンつけているのに体内の水分が減少するのかと言いますと
実は、狭い空間でのエアコン使用によって非常に乾燥した環境になっています。

またドライバーに限らず、同乗者も基本的にはシートベルトによって座席に固定された姿勢で座りっぱなし。加えてクルマの前後左右の窓からは、長時間にわたって体温上昇に関係する輻射熱を浴び続けている状態です。もともと人間は、汗や呼吸などから失われる水分(「見えない汗」ともいわれる不感蒸泄)を合わせると、60kgのオトナの場合で1日に900ml、だいたい一日1ℓの水分を自然に失っています。

渋滞時の車中では、その場の乾燥や輻射熱の関係から、さらに水分を失うといわれています。ところが、乾燥した車中では、出ている汗がすぐに蒸発してしまい脱水のサインを感じにくくなっています。つまり、気がつかないうちにかくれ脱水になる環境であり、しかも深刻な脱水状態へ進行しやすい環境でもあるのです。

運転中もしっかり水分を取り脱水症状にならないように気を付けて楽しいドライブライフを!!!

 
2018年07月(16件)
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
スタッフ
水野
前川 美香
ページ上部に戻る